メインイメージ

資金調達について

起業した場合の資金調達について


個人又は法人を問わず、起業した際に重要な一つが資金調達です。
資金調達と言えば、すぐに銀行などの金融機関からの融資をイメージしますが、銀行は融資する以上、その融資した金額が安全に回収できるかどうかにより、融資実行されかどうか左右されます。
融資に見合う不動産や定期預金などの担保があれば問題なく融資を受けやすいですが、こうした担保がない時に融資してもらえるのかどうか重要なのです。
事業を継続していて、取引銀行として信用があれば、担保物件がなくても、融資を受けやすいとも言えますが、起業した時点では銀行側も信用力はゼロベースで見てくるため、担保物件がない場合は、難しいとも言えます。
国などの中小企業向けの融資を活用する方法もありますが、審査手続きの煩雑さがあります。
また、事業を継続するうえで、ちょっとした資金ショートを回避したいための小口融資が受ければ事業をする上でも非常に助かります。
できれば、起業した際に、当座勘定更には当座借越口座まで設定できれば、ある一定金額までの範囲であれば事由に融資を受けることができるので資金調達できることになります。
また、こうした口座が設定できない場合は、キャッシングやカードローンの口座を複数作っておくことも重要です。
キャッシングやカードローンの貸出金利は高いイメージがありますが、ちょっとした資金を融通することに活用するのであれば、臨時弁済をすぐに行うことで支払利息もかなり低く抑えることができるのです。
事業を行う上で、事業自体は好況でも、取引金額の回収が受取手形などの場合には、現金化するまでの期間に、仕入れや諸経費の支払のため資金が必要であり、この資金が調達できないために、好況なのに倒産する起業が少ないないという現象が起こっているのです。
どうしても、売上金の回収よりも、諸経費などの支払の方が早くくるため、こうしたことを見込んだ上で資金を用意しておく必要があるのです。