メインイメージ

資金調達の現実

中小企業の資金調達の現実


個人事業主は金融機関からは、お客様とは見られないことが多々あります。特に、個人事業主になって3年以内の場合はそういう傾向が顕著です。その理由は、一にも二にも信用がないからです。個人事業主は「いつ廃業するかわからない」と思われているのが現実です。
個人事業主に比べますと、法人の形をとっています零細企業中小企業は信用があります。しかし、一枚皮をめくればその現実は、やはり厳しいものがあります。零細中小企業の取引先銀行は信用金庫が主ですが、その信用金庫でも業績によっては厳しい対応で接してくることがあります。
企業はどんな規模であろうとも業績が好調で初めて企業と認めてもらえます。どんなに格好がよい名前であろうとも、またどんなに伝統があろうとも赤字が続き返済が滞りそうなときは容赦なく取り立ててきます。
零細中小企業はこのようなことが実態ですので、資金を調達するときは苦労の連続です。大げさでなく、業績が苦しい企業はお金のやりくりで一日が終わることさえあります。
本来はやってはいけないはずですが、金融機関は資金を融資するときに社長に個人保証を求めてきます。社長という個人に保証を求めることは資本と経営の分離の観点からいいますとあってはいけないことですが、現実の中では金融機関は平然と求めてきます。しかし、これでは株式会社の意味がなくなってしまいます。
かつては都銀と信用金庫は企業の規模により取引先の棲み分けがなされていました。しかし、大企業が資金調達を株式でするようになってから、都銀も信用金庫の取引先に参入するようになってきました。
本来、競争が起きるとお客様の側が有利になるはずですが、金融業界では単純ではありません。やはり、お金を貸す側が有利ですので、いざとなるとどこもお金を貸してくれず、途方にくれることもあります。それは最終的には倒産を意味しますが、それでも金融機関が考えることは「できるだけ融資の返済を確保すること」です。
このようなことが実態ですから、今後も中小企業の資金調達が容易になることはないと覚悟することが必要です。